1人の時間って言うほどいらなくね?ドミトリー(タコ部屋)のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月末で現在の仕事を退職することが決定している「ヒロユキ」と申します。

私は現在は静岡県の田舎に住んでいますが、2月以降は東京で暮らすことを考えています。

理由はITエンジニアの単価になります。

私の前の現場の単価は40万円となっておりました。一方で東京で働いていた頃は60万円ほどの単価で仕事をしており、先輩には100万円を超えている方もいらっしゃいました。

都会から田舎に回されてくる案件の殆どは、「地方で安く開発する」というのが目的となっており、どうしても安くなりがちなのが現状だと思います。

ただ問題もあります。東京に住んでいたことがあるのですが、やはり東京暮らしだと家賃が高くなるので、「収入は増えたが支出も増えた」ということになる可能性もあります。

そこで、新しい居住先にはドミトリー型のシェアハウスを選び、少しでも居住費用を抑えようかと考えています。その理由について詳細に記載してみたいと思います。

ドミトリー型のシェアハウスとは

シェアハウスの不動産サイトであるひつじ不動産によると、ドミトリーの説明は以下のようになっています。

シェアハウスの中には、「ドミトリー」と呼ばれる相部屋スタイルの居室が提供されている物件もあります。大抵は部屋の中に2段ベッドが幾つか置いてあるスタイルで、各個人が自由に使えるスペースは物件によってマチマチですが、個室に較べて賃料は安価に設定されているケースが多くなっています。

https://www.hituji.jp/comret/introduction/dormitory

下のような画像のように、1つの部屋にベットが複数ある感じです。

1つの部屋に複数人が泊まることになるのですから、普通に1人暮らしをするよりも断然安いです。仮に1部屋に4人いると仮定すると、大家からしてみれば4倍の収益になるわけですからね。

実際に、不動産サイトを見てみてもドミトリー型のシェアハウスは圧倒的な安さです。

個室ありのシェアハウスも十分に安いのですが、ドミトリーはその半額くらいの場合もあります。

更にシェアハウスの場合は、敷金礼金が無料だったり、光熱費水道費込の場合が多いので、1人暮らしより圧倒的に固定費を削減できます。

ドミトリーのメリット・デメリット

実は私は、2年間ほど千葉の船橋にてタコ部屋で生活をしたことがあります。

2年間と言っても出たり入ったりしていたので、ガッツリ2年というわけではないのですが、それなりにメリット・デメリットを理解しているつもりなので書いてみたいと思います。

メリット

  • 家賃が圧倒的に安い(前述のとおり)
  • 食事が当番制のため作る手間がかなり省けた(これはシェアハウスごとにルールが違うと思われますが)
  • 仲間と切磋琢磨し会える関係になり、休日でも怠けなかった

デメリット

  • 洗濯や風呂は順番待ちになるので入りたい時に入れない
  • イビキがうるさい人がいる
  • 酒盛りが行われることがあり、非常にうるさかった
  • 金の貸し借り、人の酒を飲むなどのトラブルがあった

1つずつ詳細に書いていきたいと思います。

【メリット】食事が当番制のため作る手間がかなり省けた

これはシェアハウスによってルールは違うと思うのですが、私が生活していたところではご飯の炊き出しと味噌汁は当番で人数分を作成するルールとなっていました。

その場合、ご飯を作る手間は2週間に1回程度で、その他の日は別の居住者が炊いてくれたご飯を食べることが出来ます。

私は、別途おかずも買っていましたが、もしご飯と味噌汁だけで満足できるなら食事の準備の手間が殆どかからなかったはずです。

【メリット】 仲間と切磋琢磨し会える関係になり、休日でも怠けなかった

よくドミトリーにおけるデメリットとしてあげられるのが「自分の時間がまったくない」という点です。

ぶっちゃけ、慣れれば1人の時間なんて全く無くてもOKになってきますよ

逆に、常に人の目に晒されているので怠けることを避けられるというのがあります。同じ志を持っている人がいれば切磋琢磨しあえることも出来ます!!

私は、解体の仕事をしており体をシッカリと鍛えたいと思っていました。なのでルームメイトの先輩と毎日廊下で筋トレをしたり、休日にジョギングをしたりしていました。

「帰宅後や休日に頑張ることが出来ない」という怠け癖をなくすのに一役買ってくれました。

【デメリット】 洗濯や風呂は順番待ちになるので入りたい時に入れない

これは、おそらくどのシェアハウスに入っても経験することになるかと思います。

風呂に複数人で入るというのはありえないので、どうしても順番待ちが発生してしまいます。

私も風呂に入るタイミングを常に伺っていたので、そこに対して神経や時間を消費してしまっていました。

明確にルールの決まっているシェアハウスであればストレスは少ないかもしれません。

【デメリット】イビキがうるさい人がいる、酒盛りがうるさい

どう頑張っても複数人で生活している都合上、生活音が気になってしまいます。

特に就寝している時に、洗濯機を回されたり、大きなイビキをされたりすると最悪でした…。

耳栓をしていればある程度防げるという意見もあるかと思いますが、耳栓をしていると目覚ましで起きれるかが不安になってきますよね。

また、次の日が仕事だと言うのに酒盛りが始まったことがあり、うるさすぎて殆ど寝れなかったという記憶もあります…。

【デメリット】金の貸し借り、人の酒を飲むなどのトラブルがあった

これは、自分のシェアハウス特有な問題の気がするのですが、普通に金銭トラブルなどがあり、喧嘩もありました。

入居者は、私と同じで解体の仕事をしている人が大半だったのですが、「とにかく風俗とパチンコが好き」な人が多いんですよね…。

そこでお金の貸し借りが発生しているようで、結構トラブルのもとになっていました。

まあ、入居者がしっかりしているシェアハウスでは起こり得ないかと思いますが、こういう事が多発するシェアハウスもあるということです…。


まとめ

色々と書いてきましたが、とにかく…

  • 安い!!
  • 1人の時間がないのは慣れる

この2点だけでかなりおすすめできると思います。

私が好きな「ちきりん」さんのツイートに以下があります。

これはそのとおりだと思っていて、自分の節約マインドのベースにさせてもらっています。

固定費で払ったお金は何も残らないですからね(´・ω・`)

ドミトリーで一気に抑えていきましょう!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)