コロナによる外出自粛も悪くないと思った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。東京住みでほぼ全く外出をしていない管理人のヒロユキと申します。

自分は4月以降、「コロナによる外出自粛における模範」と自画自賛できるくらい自宅謹慎をしています

自宅からはほぼ出ないので、通販の業者さんと少し対面する以外は全く人と接していないと言って過言では有りません。

汚い画像を載せて大変恐縮ですが、もう毛を全く剃っていないので顔がひどいことになっていますw

(通販業者の人には会うんだから最低限整えておくべきでしたが…)

そんな外出超自粛派の自分ですが、自粛生活は「悪くないなあ」と思っています。その理由について記載をしてみたいと思います。

※あくまで「外出自粛の生活が悪くない」という話であって、コロナの被害自体が良かったと思っているわけでは有りません。それでも不謹慎な記事と感じた方には申し訳ないです。

リモートワークで時間も生産性もアップ

コロナの外出自粛の悪くなかった点として、筆頭に挙げられるのがリモートワーク(在宅勤務)だと思います。

自分もITエンジニアというリモートに移りやすい職種のため、1ヶ月以上前からリモートワークをしています。

そこで感じたメリットなどを以下の記事に記載いたしました。

簡単に抜粋すると良いと思った点は

  • 自分の時間が圧倒的に増えた
  • 集中力が増し、生産性が向上した

という2点になります。

自分はITエンジニアという職種であればリモートはメリットしか感じてない状態なので、今後も続いてほしいなあと思っています。

コロナの外出自粛が、そのきっかけとなったことは悪くなかったと思っていますね。

デリバリー産業が隆盛した

まだ自分が自粛を始める前の3月時点でUberEatsの稼働量がマジで凄いなあと思っていました。

自分は池袋に住んでいるわけですが、視界にUberEatsの宅配員が映っていないことが珍しいくらい目にしました。

実際に自分もコロナの自粛を始めてからUberEatsを初めて使いましたし、近所にあるお寿司、丼、ピザなどの宅配サービスも積極的に利用しました。

またAmazonにて初めて飲料や食料を購入いたしました。

皆さん明らかに宅配サービスを利用しているので、コロナ自粛により宅配サービスは更に伸びてきたと言って良いかと思います。

宅配を使用すると圧倒的に時間短縮になり効率がいいので、このような動きが活発になったことも良い点かなと思っています。


無駄な外出をしなくなったおかげで自己学習が進んだ

3月までの自分は「自分を磨くために積極的に行動するんだ」というマインドに取り憑かれており、とにかくお金を投資しまくっていました。

今冷静になって考えると、「とにかく外出して色々吸収する」という行動自体が無駄の極みでした。

今は外出自粛をしていて毎日家で3時間くらいは勉強していると思います。

適当に2時間くらい外で過ごす(移動時間込みで3時間)よりもよっぽど今のほうが自分の知識が高まっていると感じます。

理由としては、インターネットの検索で勉強をすることで、自分の知らない知識をピンポイントで得られるからです。

「家の中にいるより外で人とあったほうが自己成長に繋がる」というマインドを崩せたので今後も無駄に外出することは控えようという気持ちになりました。

無駄な出費をしなくなった

夜に「小腹が減ったなあ」と思った時、以前であればすぐにコンビニなどに行ってしまったと思います。

現在は外出自粛中なので、そのような気持ちになりません。我慢できるようになったということも悪くなかったと思っています。

今は店も20時頃には閉まったりするところがほとんどなので、夜はあまり開いていないですしね。

世間的に考えても「夜は休む」という考えが広まってよかったのではないでしょうか。

コロナ後も24時間営業の見直しなどに繋がってほしいと思っています。

インドア向けの新しい遊びが増える

「オンライン飲み会」という言葉がコロナの外出自粛中に新しく作られたと思います。

店などに行かず、自宅で動画で繋がりながらお酒を飲むというものです。

  • 自分が好きなものを食べられる
  • 好きな時間に集まりやすい
  • 遠隔地の友達とも飲み会をすることが出来る
  • コスパが良い
  • 移動時間がかからない

などのメリットが大きいので、コロナの外出自粛が終わった後も続いてほしい文化だと思っています。

このように、外での遊びができなくなった代わりに、自宅で出来る遊びが増えたのは悪くなかったと思います。

自分はインドア派なのですが、インドアで出来るエンタメ分野はアウトドアと比較すると、まだまだ少なすぎると思っていたので、これをきっかけにどんどん広がりを見せてほしいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)