ブログのアクセスが伸びない時に耐える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。現在ブログを5つ同時運営しているブロガーのヒロユキと申します。

最近は、ブログのアクセス数(PV)が伸びなさすぎて、ブログのアクセスに関する記事ばかりを量産してしまっていますw

ブログのアクセス数に関する記事は世の中にたくさんあるのですが、それらを愚直に実践したところで、アクセスが伸びることが有りませんでした。

もう何度も「ブログを書く意味なんて無いのではないか」と思い絶望しましたが、なんとかブログを続けられています。

そこで自分がPVがほぼ無い状態が続いているにも関わらず半年近くブログを書き続けられた理由を考えてみたいと思います。

もし同じようにブログを諦めようとしている方の参考になれば幸いです。

当ブログのアクセスは全く伸びる気配がない

現在運営している5つのブログの中でもこのブログは圧倒的に伸びておらず、この記事を作成時点で1日10PV程度しかアクセスが有りません。

現時点で記事数が82、運営期間が5ヶ月にもかかわらず、アクセス数が10PV程度です…。

アクセス数に関する他のブログの記事は結構読んでいますが、ここまで苦戦しているブログも珍しいのではないでしょうか。

参考までに伸び始めている自分の別ブログのアクセス数を出してみると…

自分が運営している別ブログA(Excel特化ブログ)

ブログAはユーザー数が少ないですが、徐々に増やしている感じです。

徐々にでも良いのでアクセス数が増えていけば、「このまま運営をしていれば、アクセス数が伸びるのではないか」という希望が持てます。

自分が運営している別ブログB(ゲーム攻略特化ブログ)

ブログBは、ある時に一気にブレイクをしてユーザー数を獲得。そのまま高いユーザー数を維持しており、最近再ブレイクの兆しがあります。

一方で当ブログはと言うと…

序盤にインフルエンサーにリツイートしてもらった時に若干アクセスが有ったのですが、その後半年近くアクセス数10程度でほぼ水平に遷移しています。

この水平状態がずっと続くのは本当に心に大きなダメージを与えます。「このままずっと伸びない」ということを嫌でも想像できてしまいますからね。

もちろん、この間も記事は書き続けているのに、アクセスは全く伸びません。1記事当たり2~3時間もかけているというのに…。

こんな状況が続けばやめてしまうのは道理ですよね。

ブログのアクセスが伸びない時に絶望しない方法

それでもブログをここまで続けられたのは、

  • Twitterで他のブログ仲間も伸びていないことを知ったから
  • 伸びないのは自分の実力不足とともに、運や条件も絡むと知っていたから
  • SEOやライティングの知識を仕事に活かすことが出来たから
  • ブログを書くのが楽しいから

といったのが理由かなあと思っています。

詳細に内容を記載してみたいと思います。


Twitterで他のブログ仲間も伸びていないことを知ったから

自分はブログ開始時からTwitterをやっており、「#ブログ初心者」、「#ブログ仲間と繋がりたい 」、「#ブログ仲間募集中」などのハッシュタグからブロガーの方と相互フォローをしておりました。

「全然少ないよ」と言われるかもしれませんが、現在は450フォロワー程度を獲得しています。

そしてフォロワーさんの殆どがブロガーなわけですが、個人で新しく開始した人は9割位は絶望しています。

もちろんTwitterで目立っている人の中には、月間10万PV以上余裕という方も多いですが、ほとんどの個人ブロガーの方は伸びていないのです。

しかしWebで検索してヒットするブログの方は、「俺伸びてないわ(1万PV)」とか普通に話されていることが多いので、自分は才能がないと錯覚してしまいます。

大丈夫です。伸びないのが普通です。

そもそもGoogle検索でヒットして見つけられるブログというのは、それなりに力のあるブログですからね。

このブログもそうですが、伸びていないブログは見られることもないのだから、そりゃあ周りがすごい人だらけに見えます。

Twitterをやっており、殆ど見られないブロガー同士で励ましあえていなかったら「自分だけが駄目なんだ」と思い、ここまで続けられていなかったかもしれません。

またTwitterでブログを宣伝することで、Googleから一切評価されていない1ヶ月目からでも、ある程度のアクセスが有ったのはモチベーションになりました。

なのでSNSを利用することは絶望感を軽減する良い手段かなと思っています。

伸びないのは自分の実力不足とともに、運や条件も絡むと知っていたから

ブログが伸びる/伸びないというのは何で決まるかと言うと

  • 需要のあるジャンルで戦っているか
  • ライバルが弱いジャンルで戦っているか
  • 話題性のある内容で戦っているか(トレンド)

ということで8割決まると思っています。

これは自分が現在の5ブログも合わせて10個近いブログを運営してきた経験に基づくものです。

今より圧倒的にライティング技術もSEOの知識もない状況で月間5万PVを稼げるブログを運営していました。もちろん記事の質もあまり高く有りません。

よって

何万PVも稼げているブログ=記事の質がよく、知識も豊富

アクセスが伸びていないブログ=記事の質が悪い、素人

という構図は全く当てはまらないと考えています。

なので、「ブログが伸びていないのは自分の実力が劣っているからだ」と考えてしまうのではなく、「ジャンルや運が絡むので伸びないこともある」と考えることが出来ました。

このように自分には出来ないという思考に陥ることを回避できたことも、自分がブログを続けられている要因の一つかなと考えています。

SEOやライティングの知識を仕事に活かすことが出来たから

伸びないにもかかわらず、ブログをやっていて良かったなあと思う出来事が有りました。

それは仕事で「メタディスクリプションやALTタグの設定について意見がほしい」という依頼を受けたことがあったからです。

もしも自分がブログをやっておらず、SEOに関する知識がなければ、このような仕事をすることは出来ませんでした

「いや、俺は絶対にこういう仕事はしないよ」

と思われる方も多いかもしれません。

ただ、Webで宣伝するという行為はすべての企業で実施されていると言っても過言ではない時代になってきているので、意外にありえるかもしれません。

例えば小さな会社であれば自社HPをカスタマイズするのが総務だったりするので、そこで力を借りられるようなことはあり得るかなあと思います。

また、ブログを書くことでライティングスキルも向上し、ビジネス文書などもうまく書けるようになりました。

このようにブログ以外の部分でメリットを享受できた経験も、ブログを続ける大きなモチベーションになりました

ブログを書くのが楽しいから

自分はブログで結構、自分の意見を書くようにしています。

「だから伸びないんだよ」と思われるかもですが、客観的な事実だけを書いていると、どうしても作業感が否めなくなるのですよね。

人間は誰でも自己顕示欲があるので、自分の意見を発信できるということが楽しく感じられると思います。

仮に誰にも見られなかったとしても、もしかしたら自分の書いた文章を誰かが読んでくれると思うだけで、ドキドキしませんか?

自分は未だに、自分の意見を発信するということが楽しくて仕方ないのでブログを続けられているというのが大きいと思います。

ブログが嫌になってしまったら、今よりもブログに自分の意見を多く載せるようにしてみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)